ゴールを作ってみたけれど、、①

目安時間:約 6分

コーチングに興味があって、苫米地博士の本を読んでゴールを作ってみたものの、

 

その後、

 

ピンとこないという方。image

 

何も起きないという方。

 

設定の仕方に不安があるという方。

 

 

そういう方にゴール設定のキモの部分をどどんを

公開してしまおうというこの企画。

 

初回のテーマは「ゴールの再設定」です。

 

ゴールの再設定とは「ゴールを設定し直すこと」です。

 

以下の2点のような場合に実践すると良いと思います。

 

ぜひお読みください。

 

 

その1 ゴールを設定してみたが、何も起こらない、ピンとこない方。

 

対象:ゴールを設定してみたが、何も起こらない、ピンとこない方。

ゴールを設定してもすぐに何かが起こるとは限りません。

 

しかし、

 

「want to」

 

「現状の外」

 

という条件で設定したものは自分の中に必ず変革を起こします。

 

なので、ゴールを設定したらそのまま放っておいても構いません。

 

やがて、やりたいことがいろいろ出てきて、

気づいたらアクションを起こしていると思います。

 

また、これはオススメですが、

ゴールにふさわしいかなと思うアクションを考えてみてください。

 

そして、それを実行してみましょう。

 

最初は些細なことで構いません。

 

着る服、食べるもの、言葉遣い、

出かける場所、読む本、一緒にいたい人、などなど。。

 

常にゴールの自分に相応しいことを考えてアクションを起こすようにしましょう。

 

自分が考えるより早く大きな変化が起こり始めると思います。

 

 

 

その2 ゴールがうまく設定できていない方。

対象:ゴールがうまく設定できていない方。

 

ゴール設定の大事な条件であるwant toはともかくとして、

現状の外の感覚はなかなか掴めないかもしれません。

 

なので、ゴール設定をしてみたら、

そのゴールは実は現状の中にあって、それで変革が起きない場合もあります。

 

なぜ現状の中だと変革が起きないのかというと、

自分の持っているものに変化が起きないからです。

 

私たちが何かを達成したい時は、新しい何かを手に入れる必要があります。

 

そのために今までの自分をぶっ壊す必要があります。

 

自分をぶっ壊さないと根本的な変化は訪れません。

 

現状の外という今のままでは決して叶わない、

不可能と思えるような所にゴール設定をすることで

自分のマインドセットを壊すことができます。

 

壊すことで心理的な盲点がずれて、

今まで見えていなかった夢を達成する方法・手段を見つけることができます。

 

つまり、現状の外にゴール設定することで自分の中に

根本的な変革を起こすことが出来るのです。

 

ぶっ壊すと言いましたが、本当に危ない目に合うわけではなく、

自分の思い込みや他人からの刷り込みといったマインドセットをぶっ壊すという意味です。

 

さて、現実の外の感覚は一言で言うと、

達成するプロセス(方法・手段)が全くわからない、です。

 

自分が設定したゴールを達成する手段や方法が思いつくか考えてみましょう。

 

達成方法・手段がなんとなくわかるという方は、

現状の中の可能性が高いので、先ほど言ったようにもっとぶっ飛んだ、

 

不可能と思える、人に言ったらそんなの無理無理!と笑われてしまうような

ゴールに設定し直しましょう。

 

全然わからないという方は、うまくできていると思います。

 

やがて変革が形になって現れてくると思いますよ。

 

ぜひ、あなたのゴールを見直してみてくださいね!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031