自分を人と比べてしまうことについてどう考えたらいいのか?

目安時間:約 3分

最近いただいたら質問の中で、

 

自分を人と比べてしまうことについてどう考えたらいいのか?image

 

というものがありました。

 

「自分は頑張っているのに、あまり評価されず、
あいつは大したことないのに評価されている。」

 

みたいなものです。

 

これは、ある意味ではいいことでしょう。

 

ゴールを高く持つと、よく起きるようになるのが

 

 

「認知的不協和」です。

 

 

ゴールの自分と、現状の自分にギャップを感じることです。

 

誰でも経験があると思います。

 

 

このギャップ自体は悪いことではありません。

 

 

自分自身を引き上げる力になりますし、
見落としている点に気づくきっかけにもなります。

 

 

しかし、こういう視点を持つことも大事かなと思います。

 

 

  • こんなに頑張っているのに、周りから全然評価されない。
  • こんなにあの人のために尽くしているのに、私の事をまるで見てくれていない。

 

これらの気持ちは
他人からの見返りを求めているのではないでしょうか?

 

 

自分でゴール設定して、勝手にやっていることですから
評価されなくてもいいはずです。気にならないはずです。

 

 

もし、相手からの見返りを求めるなら、
相手にわかりやすいように行動する必要があります。

 

 

相手がどんな事をすると喜ぶのか、よく調べることも必要です。

 

 

つまり、相手からの見返りを得るためには
マーケティングが必要ということになります。

 

自分の事ばかり見ず、自分と相手を包摂する抽象度で
見なければいけません。

 

全てはゴール次第です。

 

 

あなたが本当に望むものがどこにあるのか、
よく考えて行動すれば、現状はどんどん変わっていきます。

 

 

自分にフォーカスしすぎず、様々な視点から物事を
見ていくようにしましょう。

 

 

追伸

こういった、自分の頭では分かっているけど、、
っていう事をどんどん解決するヒントが得られる
チャンスがありますが、日にちが迫っています。

 

 

こちらからご確認くださいね!

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728