バイクオタクに学ぶ現状打破の秘訣とは?

目安時間:約 7分

人からみたらどうでもいい「こだわり」こそ大事。

 

最近、アマゾンプライムの読み放題で、img_1080

雑誌を読みまくっている。

 

 

いろんな雑誌を読んでいるが、

必ずしも自分の興味のあるものではない。

 

 

むしろ、これまで興味のなかったジャンル

を読むようにしている。

 

 

(これは、自我の書き換え、ブリーフの書き換えといい、
固定化されがちな自分の価値観を壊して心理的盲点の
スコトーマをずらしていくトレーニングでもある。

 

 

これにより、たくさんの気づきを得て「現状を大きく変える力」
にすることができる。)

 

 

ある雑誌は今回バイクの特集をしていて、
いかにカスタマイズしていくのか、
そしてカスタマイズすることの魅力などを語っている。

 

 

雑誌だから、なんらかの商品やサービスを提供するために
書かれているものということは前提にしても、

 

よくもまあ、これだけたくさんのオタクを見つけてきて、
語ってもらっているものだと感心する。

 

そして、個々のこだわりが読んでいてとても興味深い。

 

 

人はwant toな事をしている時、生産性が格段に上がる。

 

 

have toな事をしている時と比べて675倍生産性が上がる
という調査結果も出ているくらいだ。

 

ただただ、やりたくて夢中になってそのことに打ち込んでいるうちに、
誰も到達していな高みに昇りつめることも珍しくない。

 

 

バイクオタクの人たちはそうやって、自分の能力を最大限引き出して

いるのである。

 

 

それは人にとって幸せな姿だ。

 

 

先ほどのバイクオタク達もそうだろう。

 

 

しかし、多くの人はそうなりきれずにいる。

 

 

なんとなく、満喫感のない表情をして、もっというと
全く生気のない表情で様々な事を行なっている。

 

 

一度、want toな事も沢山やれば当たり前になって、
楽しくもなんともなくなるのでは?

 

という質問を受けたことがあるが、それは間違い。

 

本当にwant toな事をやっていれば、いつまでも楽しい。

 

僕にとっての音楽はまさにそれで、ライブは何千回、
何万回やろうが楽しいし、

 

サックスの練習は練習内容に飽きることがあっても
練習そのものに飽きることはない。

 

むしろ、練習するたびに発見があり、次の練習へと繋がる。

 

もちろんwant toなことがwant toでなくなったら、
その時はそれをやめて違うことに向かうタイミングだ。

 

 

遠慮なく次に向かうべきだ。

 

仕事などで自分が手を引くことで影響が出るなら、
誰かに引き継がせるようにして自分はアドバイザーとして

 

カタチを変えて関わることで、影響を最小に抑えて、
自分は新しいことに取り組むのも十分可能なはずだ。

 

そして、前の仕事が後の人たちに引き継げる形になれば、
自分は去ればいい。

 

 

周りの人はそれは茨の道だと止めようが、
自分がwant toだと思えば、自己責任で突き進むべきだ。

 

しかし、案外、道は開けるもの。

 

飛び込んでみたら、活路は見いだせるものだし、
その方法は周りから見てても分かるものではない。

 

 

そうでなければ、魚は陸に上がることはしなかっただろうし、今の僕たちもない。

 

 

もしあなたが、やりたい事を見出せないなら、
冒頭の僕が行なったように、普段と違う事をどんどん
するようにしてみてほしい。

 

 

普段と違う事を重ねていくと想像するよりはるかに
多くの気づきが得られる。

 

 

自分の思考は凝り固まっていたことに気づくこともできる。

 

そして、現状の見え方も大きく変わっていくはずだ。

 

やりたいと思えることが見つかれば一歩踏み出していこう。

 

そうすることで、また新たな気づきが得られるはずだ。

 

新しい事をやることはリスクを感じるものだが、
あなたが踏み出そうとしている状態なら普段と違う事を
やりなれている頃なはずだから、躊躇しない自分になっているだろう。

 

 

僕たちが潜在的に欲しているもの。

 

僕たちは潜在的に「気づき」を欲している。

 

気づきを得られない日々を過ごすからおかしくなっていく。

 

今は一向に良い方向へ動いていかない。

 

 

なので、どんどん気づきを得られる機会を増やしていく事で、
人生はワクワクに満ちたものになり、あなたが望むことを叶える
きっかけを沢山つかむことができるようになるだろう。

 

本当にうまくいくマインドの使い方はそいうものだ。

 

 

追伸

 

とはいうものの、言っていることは頭でわかっているけど、
どうにも行動に起こせない。というなら、コーチングを体験してみてほしい。

 

あなたは落ち着いた環境に身を置き、ただ自分の事を話すだけで、
どんどん「なりたいあなた」に変わっていくからだ。

 

その時間的、経済的な投資は結果的に安くつく。

 

投資無くしてリターンを得ることはないのは、どの世界でも普遍だろう。

 

 

僕自身、そうだったし、コーチングを受けて望む人生を
手に入れてしまったクライアント達もみんなそう言っている。

 

==================
変わるなら今しかない。
==================

 

先延ばしすれば、それだけ苦しい時間は長引き、
残りの人生時間もどんどん減ることになる。。

 

コーチングプログラムはこちらから。

 

コーチングに関する質問、問い合わせはこちらから。

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31