譜面に丸をつけることは、宇宙を知ること。。

目安時間:約 2分

譜面に丸をつけることは、己を知ること、宇宙を知ること。

レッスンの場面で、何回も間違う箇所にimage

印をつけなさいと指示している。

これは、譜面が読めるようになる効果があるのだが、

実はそれだけではない。

何十曲、何百曲と色んな曲に印をつけ続けることで、

どういう指使いだと間違いやすいのかが浮き彫りになってくる。

その指使いの傾向を知ることで、

自分が何をポイントに練習すれば良いのかが明確になる。

楽器がなかなかうまくならない人は、

こういう手間を省く場合が多い。

しかし、この手間こそが上達の秘訣。

言うなれば、

 

自分マーケティングのようなものである。

「己」という存在は、知っているようで知らないことだらけ。。

こうして調べていくうちに、
自分が何がしたいのか?何を伝えたいのか?分かってくる。

 

今の時代は膨大な情報にさらされて自分を見失う人が多い。

 

それは、情報の波を乗りこなす術を知らないから。

 

波にのまれてわからなくなっているだけ。

 

そうならないため、無駄に悩まないため
何かやるごとに印をつけていこう。

感じたこと、思ったことを書きとめてみよう。

 

それを続けていくことで、

きっと、あなたが見えていないあなたが浮き彫りになり、

人生が楽しくなっていくはず。

 

そして、あなた以外の存在のこともよく見えるようになるだろう。

 

そして、また何をすべきかが見えてくるはず。

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031