抽象度を上げるという事の意味や重要性は、 本等で理解したつもりなのですが…実践の仕方が

目安時間:約 5分

こんにちは!image

 

こんな質問をいただきました。

 

みなさんにも役に立つことかなと思ったのでシェアします。

 

====================================================

 

抽象度を上げるという事の意味や重要性は、
本等で理解したつもりなのですが…実践の仕方がわかりません。

 

 

例えば子供が言うことを聞かない時に、この子は私とは
別の人格があるんだから…と思ったり、元をただせば動物だもの、
と自分を納得させる。

 

 

主人に不満があっても背後にある両親を思い許せる、
養って貰ってる事実がちらつくという事?

 

 

点ではなく面で捉える…。訓練でできますか?能力ですか?
とにかく実践ですか?

 

 

====================================================

 

あなたも、こんな時があると思います。

 

家事や仕事で疲れている時に、子供が言うことを聞いてくれない。。

 

旦那さんに対する不満があっても、うまく伝えることができない。。

 

そういうことってあると思います。

 

どうすればいいのか、ちょっと考えてみてください。

 

、、

 

、、

 

、、

 

 

、、

 

どうでしたか?

 

この場合、大切なことは、抽象度のそうですが、
ゴールの自分というものを考えて欲しいんです。

 

今回の例だと、家族に関することですよね?

 

であれば、自分が家族を持っているか
一度考えてみて欲しいのです。

 

そして、そのゴールにふさわしい行動をしていけばいいのです。

 

例えば、子供が言うことを聞いてくれない。。

 

これは、ダメなことでしょうか?

 

状況によりますが、子供が成長して大人になった時に大事なことは、
その子自身がしっかりした決断を自己責任でできることではないでしょうか?

 

親がいくら子供が少しでも苦労しないように育てても、様々な困難はやってきます。

 

そりゃそうですね。

 

困難なく育つなんて、これだけ多くの人間がいて、
いろんなことを考えている人がいたら、
困難が起こらない方がおかしいです。

 

しかし、大事なのは、どんな苦しい場面に直面しても、
粘り強く考え、自分なりに
答えを出して、自己責任で実行すること。

 

そして困難を打開していく力ですね。

 

そういう大人になって欲しいなら、
ある意味では言うことを聞かないこともその子の
自己表現なわけですから、尊重する必要もあります。

 

もちろん、なんとかいうことを聞いてもらわないと
いけない場面もあるでしょう。

 

行動はその時々、行き当たりばったりなものでいいと思います。

 

けど、大事なのは、
その子が「自己責任で自分で考えて行動できること」です。

 

旦那さんに対しても同様です。

 

自分の家族のゴールから考えてみて(なければ作ってみて)、
ふさわしい行動を考える。

 

旦那さんにどうしても理解して欲しければ、
とことん、それこそ喧嘩をしてでも言う必要があります。

 

なんとなく気づいてもらえそうなら、様子を見ながら気づかせていく、、。

 

など、この場合もその時々の状況で、行動は変わります。

 

大事なことは、ゴールから考えることです。

 

ゴール、ゴールと言われても難しいかもしれません。

 

けど、ゴールを立てること自体が練習ですし、
数稽古によってゴールを立てる感覚は養われていきます。

 

もちろん、コーチがいれば、挫折なく、最短で、
そういったコーチングマインドは
マスターできます。

 

因みに、今月「灯台カフェ」があります。

 

コーチングに興味があるけど、
いきなりセッションとかは、、という方にピッタリですよ。

 

気軽にお茶をしながら、コーチングマインドを
体験していただける機会ですし、直接質問も知れもらえますので、

ぜひご確認ください。

 

「灯台カフェ」をチェックする!!

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031