思えば遠くへ来たもんだ〜

目安時間:約 4分

思えば遠くへ来たもんだ〜

 
 
 
何日か更新が滞っていたのは、西表島から帰って来て ちょっと体調崩してたからです。   いやー、ほんといいところでした!   早速、次の旅の計画も始まっています。   もう復活しましたのでご安心ください。   さて今日は、朝から新規クライアントさん向けの 特別動画(諸事情によりセミナーに出られないので 特別措置)を撮影して、サックス吹いて、   午後は「これからコーチになる」という方とお会いしました。   大きな未来に向かってどうして行けば良いのか、 僕なりに色々とアドバイスしました。   話している時に、ふと思いました。   よく考えてみると、僕が認定講座で学んだのは去年の1月です。   この1年半での状況の変わりようは、まさに現状の外に ゴール設定した事の効果です。   そういえば、めちゃめちゃ激変してるなー、と感心した次第です。   (「思えば遠くへ来たもんだ〜」という武田鉄矢の歌を思い出しましたww)   ところで、 ゴール設定も大事だけど、それをする事が出来ない人がなんと多い事か。
 
 

みんな、なりたくてなってるんじゃない。

 
自分が大きな、ぶっ飛んだ、大それた未来を創造する事すら恐れ 、躊躇し、諦めてしまう人が本当に多いと思います。   ある意味で仕方のないです。   だって小さい時から、そうなるよう刷り込まれて育ってきたのですから。   一方、元からぶっ飛んだ未来を持つ人もいます。   そういう人は、あいつはいつまでたっても変われない!と批判しがちです。   僕は言いたい。   「そうじゃないんです。大きな未来を持てないように刷り込まれたら、 誰だってそうなるんです。 あなたは、すごくラッキーなんですよ。 だから、抽象度を上げて大きな夢を持てない人に手を差し伸べてください。」と。
 

 最初は居心地悪かったけれど、、

  大きな夢を持てない人は、なんの根拠もなく   「自分も持っていいんだ。」   「自分は変われるんだ!」   と思うことが大事です。   そう思うように、ブツブツ呟いて「外部化」して いくことで、夢を持つ方に目が向いていきます。   目を向けなければ、見つかるはずもありません。   ゼロから、1に変えるだけでこの先の未来は大きく 変わっていきます。     コーチは自己イメージを上げるのが一番の仕事なので、 日々コーチングセッションをする度にその大事さを 実感しています。   徹底的にエフィカシーを上げてあげる事で、 激変する様を目撃しているし、僕自身、その経験者だからです。   そして、全国からコーチングの問い合わせが来るようになり、 「三木コーチ」と呼ばれる事も多くなって来ました。   最初はなんだか居心地が悪かったけど笑、 今は自然に受け入れています。   そんな、コーチとして認知されるようになって来た事を 改めて実感した日でした。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930