夫婦関係を改善する秘訣

目安時間:約 4分

悩みの解消や夢を達成するために欠かせないこととは?

 
悩みの解消や夢を達成するために欠かせないことは、image-3
 
 
「自分の視野をどんどん広げていくこと」です。

 

視野を広げることを「抽象度を上げる」と言います。

 

抽象度について説明していきます。

 

抽象の反対は具体です。

 

抽象度を上げていくと、内包する情報は潜在的に増えますが、
あやふやになっていきます。

 

抽象度を下げていくと、どんどん具体的になるので情報量は
増えますが、内包する情報は減っていきます。

 

ここで、猫を例にとって説明しましょう。

 

猫のひとつ上の抽象度は、「哺乳類」です。

 

そのひとつ上は、「動物」、その上は、「生物」、その上は
「有機体」、、という風に上げることができます。

 

潜在的な情報は増えていきますが、概念的には抽象的になります。

 

一方、猫ひとつ下の抽象度は、黒猫・シャム猫・三毛猫・アメショー
など、「猫の種類」です。

 

そのひとつ下は、「黒猫のタロウ」など具体的などこかで
飼われている猫や「野良猫の花子」ということになります。

 

抽象度が下がるほど特定の情報は増えますが、潜在的な情報は
少なくなりますね。

 

では、この抽象度という考え方をどう使っていくのか
説明していきます。

 

私たちは解決すべき問題・悩みを抱えている場合、
視点が下がっている時が多いです。

 

例えば、夫婦関係で悩んでいる場合、
 
 
パートナーと自分という2人の関係を考えすぎるあまり、
他のみるべきことを見落としている場合が多く、
 
 
それにより、
いつまでたっても問題を解決できないということがよく起こります。

 

なので夫婦関係を改善する場合は、抽象度を上げて考えると良いです。

 

相手本人だけでなく、相手のバックグラウンドをよく見るとか。

 

どんな環境で育ったのか?

 

就いている職業の業界内で常識になっていることは何か?

 

どんな趣味嗜好があるのか?

 

もしかしたら、
自分が相手のことで見落としていることがあるかもしれません。

 

勝手に相手のイメージを作り上げて、思い込んでいることがある
かもしれません。

 

自分の都合に相手を当てはめようとしているかもしれません。

 

もちろん、自分自身のことも抽象度を上げて考えてみるべきです。

 

自分の考え方は、どこから来ているものか?

 

誰かから吹き込まれたものではないか?

 

自分が望んでいることは何か?

 

相手を許せないと思っているところは、
ただの一般常識に当てはめたらそうで、
本当は自分にとって気にならないところではないのか?

 

自分の思い込みを解除してよくよく考える必要があります。

 

そのために抽象度を上げていくのです。

 

そうやって抽象度を上げて考えると、
相手も自分も納得する解決法が見えるようになってきます。

 

これまで自分が気づいていなかった相手の抱える悩みを発見した
のなら、それを解消してあげるためにサポートしていく。

 

すると、敵対していた関係が嘘みたいに変化して、
相手から感謝され関係が改善していきます。

 

(僕のクライアントで、実際よくこういう変化起きています。)

 

というように、抽象度を上げることはとても大事なのです。
 
 
あなたも、ぜひおためしくださいね!
 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728