コツコツ派のあなたが、ちゃんと結果を出す方法。

目安時間:約 4分

突然ですが、質問です。

仕事や勉強、趣味など様々な場面で新しいことを学び
身につけようとしている人は多いと思います。

 

 

けど、「思ったようにうまく身につかない。。」

 

 

と嘆いている人もいるかもしれません。

 

 

今日はコツコツタイプの人にこんなことを聞きたいと
思います。

 

 

「あなたが今コツコツやっていることは、image

なりたい理想の姿から逆算して導いたことですか?」

 

 

真面目に毎日コツコツ積み上げるのが得意なあなたは、

継続する力を持っています。

 

しかし、たまにこんなことを思ったりしませんか?

 

 

「今コツコツやっていることが一体、何につながるんだろう?」と。

 

コツコツ派の人は、言われたことを続ける力は持つものの、
その先になにがあるのかを見ようとしない人が多いです。

 

「このコツコツの先になにがあるんだろう?」

 

 

もし、そう思ったことが一度でもあるなら、

コツコツを始める前にこれをやってください。

 

習慣化するといいですよ。

 

 

まず、あなたがなりたいと心の底から思う、理想の状況を思い
浮かべてみましょう。

 

 

その理想は、必ず今とはかけ離れた夢物語にしてください。

 

 

そして、そこから何となくでもいいので、映画でいうハッピー
エンドで終わるラストシーンから巻き戻すように「逆算」して
いきましょう。

 

 

例えば、

 

「幸せな家族と世界中を旅しながらも仕事で大きな成果を出して
世の中に大きな貢献をする。」というゴールがあったとしたら、

 

 

その前の場面をリアルに思い浮かべます。

 

 

”会社で大きな結果を残してハワイでの表彰パーティーに
家族で招待されて、ワイキキビーチで旅を満喫する。”

とかです。

 

 

さらにその前のシーンも思い浮かべます。

 

 

”社内のプロジェクトでリーダーシップを発揮してこれまでの記録を
塗り替える。”

とか。

 

 

そのように逆算していき、「今日の行動に落とし込み」ます。

 

 

その落とし込んだ行動をコツコツやればいいのです。

 

 

多くのコツコツタイプの人は、やっていることが夢と直結していません。

 

 

(僕自身コツコツタイプで、コーチングに出会う前はたくさん
そういう経験をしたことがありますし、

 

 

サックスの生徒さんで真面目にやっているのに上達が遅い人はズレた
コツコツタイプが多いです。)

 

 

ゴールという高い抽象度(視点)から今という抽象度の低い物理世界に
落としこむ。

 

 

ゴールが高ければ高いほど、位置エネルギーが大きくなり、

今の行動にエネルギーが宿ります。

 

 

最近、停滞気味なんだ、という人はぜひお試しください。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031