中途半端な実践こそ危険!

目安時間:約 8分

めちゃめちゃスッキリ!

 

驚異的な身体能力!コナコールの飽くなき探求は続く。。

 

 

 

昨日は張先生の高級気功師養成講座の講義でした。

 

相変わらずの張先生のすごさを体感したのですが、
講義中、僕は実験台になって?気を入れてもらいました。

 

そのせいか、今日はめちゃめちゃスッキリ!

 

 

あと、秘密の治療アプローチを教えてもらったりと
盛り沢山な時間でした。

 

 

こういう「インプットの時間」ってほんと大事だなと改めて実感。

ぼくの日々は、「教えること」が多い。

 

 

サックスはこれまで20年間で600人以上指導してきたし、
アドリブセミナーも毎月二回ほど大阪でやっていて

コーチングセミナーも月に2、3回やって気功教室も毎月やってる。

 

 

それ以外に、これまで学んできたことをギブするために

情報発信の勉強会も立ち上げた。

 

そんな感じで、なんやかんや、しょっちゅう教えてるわけだけど、
自分が学ぶ機会も積極的に作るようにしてます。

 

 

コーチとして苫米地博士の書籍、教材などの継続的な学びは
もちろんのこと、マーケティング、気功師養成講座、

 

 

ジャズの現場での先輩たちからの学び、他に興味のある
ジャンルの本を読み漁ってます。

 

最近はなぜか「研究とは何か?」ということをテーマに
いろんな本を眺めていて、研究者の生き方や論文の作法など読んでる。

 

 

これが今やってることに大きく影響を与えたりしてる。

 

 

何かのプロである以上、「継続的な研究」は不可欠なわけで、
研究内容をどう体系化していくのか、まとめるのか?

 

 

ということを考えるにあたり、研究のプロである学者さんたちの
やってることはまさに学びになるわけで。

 

 

何を研究するか関係なく、同じく道を極めんとする人たちの
姿勢や長い年月をかけて生み出されてきたノウハウは、
今の自分にとって大きな学びになってるなと。

 

 

いかんいかん、話が逸れた笑。

 

 

話を戻すと、要はインプット、アウトプットの両方が大事だなと。

 

 

とくに「アウトプットが大事」だなと。

 

昨日の講座でも、受講生は様々でぼくみたいに、
すでに気功師としてやっていてさらなる成長のために

 

通う人は少数で、まだ気の体感がそれほどなく
これからしっかりイロハを身につけていこうとしている人が多い。

 

そういう人は、真面目にインプットに勤しむんだけど、
アウトプットになると及び腰になりがち。。

 

 

「自分にほんまにできるのかな?」っていう

不安があるのだろう。その気持ちはよくわかる。

 

 

けど、やっぱ、学んだことは自分でやってみないと
よく分からんわけよ。

 

 

アクティブラーニングによると、話を聞くだけより、
実際に手を動かしてアウトプットする方が何倍も記憶に残る、
身につく、というようなことが書いてあった。

 

 

そこから考えると、やはり座学だけでなく、
実地訓練も大事になってくる。

 

 

(てことで、気功療術院関西本部では今後受講生は主催の
イベントをやってどんどん経験を積んでいこうと言う話になってます。
また、紹介していくので楽しみにしててほしい。)

 

 

養成講座に来ている人は、苫米地博士の読者が多いのですが、、

 

 

イマイチちゃんと苫米地博士の理論を実践できてないなと感じる。。

 

受講生達がどの程度のゴールを設定しているのかは
はっきり分からないけど、、

 

養成講座を受講し始めたら、つまり、ゴールに向かっての
アクションを起こして、気功師になるというゴールのための

 

大きな行動をしたら、気功師になることは現状の中に入ってくるから
ゴールの更新は必要になるのだけれど、それができてない感がある。

 

ゴールを更新して、「ぶっ飛んだところ」、例えば、
張先生よりもすごい気功師になるとか、そんな内容に
しないといけないのに、通っていることで満足している。

 

 

で、アウトプットに及び腰に繋がるわけです。

 

 

あと、これもゴールの更新と繋がるのだけれど、、

 

 

どうしても受け身。。

 

 

さっきも書いたように、アウトプットせず、例えば練功を
日々やらない、練習相手見つけて気功療術の練習をしない、

 

など、ゴールの更新時をしていないことからの「行動の鈍さ」
が気になるなーと。

 

 

てことで、博士の理論が実践に落とし込める、
つまり、コーチングをもっと学べる、インプットと
アウトプットのバランスが取れた場を推進していく必要があるなと。

 

 

今やってる「期間限定無料カウンセリング」は、
まさにそういう場です。

 

苫米地博士の本を読んでるけど、いまいち現状が変わらない人、
それはアウトプットがうまくいってない。インプットのに誤解がある。

 

などが考えられるので、そういう方は是非利用してほしいと思ってる。

 

 

あと、苫米地博士の本読んだことない人でも今を変えたい人には、
カウンセリング中にインプットとアウトプットがバランスよく
行えるように進めていきます。

 

もちろんはあなたの相談したいことを話してもらえたら、
その話の中に盛り込んでいくので自然に身につくようにします。

 

 

このカウンセリングで、参加者の方々は

 

 

みなさん本当に人生を激変させました。。

 

 

その内容は、このサイト内をいろいろ読んでもらえれば分かるけど、
せっかく博士の本を読んで多少なりとも可能性を見出したのなら
ぜひ実際のコーチングを体感してほしいなって、ほんと思います。

 

 

僕らには常に二つの道があります。

 

 

目の前にあらわれたチャンスを生かすのか?

 

 

それともスルーしてこれまで通りの生活を続けるのか?

 

 

けど、現状を変えたいなら何か変えないとそのまんまの
いまいちな日々は変わらんわけ。

 

 

けど、違う行動を選ぶことはドキドキするし、
不安にもなる。

 

 

逃げ出したくなるかもしれない。。

 

 

けど、そうやってスルーする道な進んだら
永遠にそのままでっせ。

 

 

自分が今後の人生をどんなものにしていきたいのか?

 

どうありたいのか?

 

そこから考えなやばいんちゃうか??

 

無料カウンセリングの詳細はこちらをクリック!

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031