コーチング的に「子育てと勉強」について考える。

目安時間:約 6分

教育熱心なママたちほど見落としている視点

 

 

 
お寒うございます。
須磨は今朝の最低気温3度だったみたいです。

 

 

朝から燃えるゴミ、資源ゴミを捨てて、

スマ不動産のホームページ改善してました。

 

 

このホームページは専門家からコンサル受けていますが、

やっぱり餅は餅屋です。勉強なりますね。

 

 

ぼくは知識欲が貪欲な方なのか、知りたいと思ったことは

突き詰めてトコトンオタクになる傾向があるようです。

 

 

けど、ある意味で自然かもしれません。

 

 

興味がある、好きなことというのは強烈なウォントゥーで、

夢中になって突き進んでいくものですからね。

 

 

ゲームに熱中してる子供達なんかは、、

 

 

まさにウォントゥーの塊です。

 

 

ゲームをするために、時間を捻出して、

面をクリアするために何十回何百回とチャレンジして、

 

 

なぜクリアできないのか必死に考えて、

クリアした友達に攻略法を聞き、

 

 

ゲーム雑誌を一字一句逃すことなく、穴が空くほど読み込んで、

インプットした知識をゲームをやることでアウトプットしていく。

 

 

自分がうまく行ったこと、うまくいかなかったことを

友達同士でシェアしてより深い理解につなげていく。

 

 

そして、やっとクリアでき大きな達成感を得たのもつかの間、

次の楽しいゲームを探し求めて、また友達と情報交換する。

 

 

 これって、まさに「何かを学習して習得していくプロセス」ですよね。

 
ぼくは素晴らしい姿だな!と感動するのですが、

ところがどっこい、その子の親は、ゲームなんかに熱中せず

もっと勉強してほしいと嘆いてます。

 
子供達が自分たちの力で何かを乗り越えて行ってることが、

親はスコトーマがあるので見えないのです。

 

 

そして、やりたくもない、本当に望んでいるのかどうかわからない、

勉強をあの手この手でやらせるのです。

 
もちろん全ての親御さんたちがそうではないと思います。

 

 

ゲームに打ち込む我が子の姿をスコトーマなく捉えて、

学校の勉強がなぜ必要なのか?

 

 

ただいい学校へ進学していい仕事に就いて、

ということだけ言うのではなく、高い抽象度から
勉強することの意義や楽しさを伝えているはずです。

 

 

そうした親が増えてほしいなって思います。

 

 

だって、大人になって鬱病院になり、カルト宗教に

絡め取られて人生を棒に振り、といったことがよく起きるのは、

 

 

真面目に親の言う通りに勉強していい学校へ入り、

社会的にいい職業についた人たちなんですよ。

 

 

ぼくはもうすぐしたら息子ができます。

 
これまでもそんなことはありませんでしたが、

こうした問題は人ごとではないです。

 

 

てことで、今晩21:30からのユーチューブライブでは

そんな「子育て」について語りたいと思います。

 
ユーチューブチャンネルに登録していただくと、

開始の通知が届いてリアルタイムで観られますよ。

 

 

便利なのでご利用くださいね。

 

 

ユーチューブチャンネルに登録しておく!

 

 

 

 

追伸

 
昨日から始まった今年2017年最後の期間限定無料カウンセリング。

 

 

完全無料ですが、ぼくは本気でコーチングしますよ。

 

 

是非、世界最先端のコーチングを体感してくださいね!

 

 

本気のコーチングで現状を変える!

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031