これまでの人生、全否定できますか?

目安時間:約 4分

思わず泣いてしまった話。

 

 

 

先日あった話です。

毎月行っているクライアント向けの
シークレットセミナーでのワーク中のこと。

 

 

ワークを行い、お互いの気づきをシェアしていく時に
あるクライアントが言葉につまり、目から涙がポロッと流れ始めた。

 

 

「急に不安になった、、」

 

 

彼女はそう言いました。

 

 

「それがコーチングの恐ろしさかもしれません。」

 

 

と、僕は冗談半分、本気半分で言いました。

 

 

彼女はなぜ泣いてしまったのか?

 

 

それは、ワークを通じて、本当に自分が望むことに
気づいてしまったからです。

 

 

毎月のセミナーのワークでは、様々な事をやるのですが、
最近やってるのは自分の本当に求めているものをあぶり出す事です。

 

 

"自分が本当に求めていることは何か?"

 

 

それは、ほとんどの人が向き合っていません。

 

なぜ向き合わないのか??

 

 

怖すぎるからです。。

 

 

というのも、あなたもこれを読みながら気づいた
かもしれませんが、自分の欲求、本当に求めているものは、
そう簡単に表に出せないはずです。

 

 

だって、それを表に出して、誰かから否定されたり、
今の生活がその欲求に何にも関係ない事をし続けていると

自覚すると、堪え難いショックを自分自身受けてしまう
かもしれないからです。

 

 

だから、人はそう簡単に真の欲求を表には出せません。

 

 

だからこそ、素直に欲求を出せる人をすごい人だとか、
尊敬したり、妙に納得したりするのかな、と思います。

 

 

彼女を長いこと見ていて思ったのは模範的に、
あるべき姿に向かって生きていたのかな、ということです。

 

そうして生きるうちにどんな人でもあり得ますが、
人間、大人になる過程で本当にやりたいことを諦めていきます。

 

 

しかし、その想いは本心では手放し難く、、

 

だけれども、やはり求めていたのだと思います。

 

 

押し殺して、心の深いところに鍵をかけてしまいこんでいた
想いをワークによって開けて表に出てしまったのです。

 

 

それをみてしまったから泣くほどの衝撃を受けたのです。

 

こうしたことが起きるのが、、
自分の本当の望むことを知って、愕然とし、
これまでの人生がなんだったんだと目が醒めるような
経験をする、、それがコーチングです。。

 

しかし、これは悪いことではありません。

 

この「ショック療法」によって、今後の人生は本当に求めているものに
向かってどんどん進んでいけるようになるからです。

 

 

そして、コーチがいることで、心を支配する不安や、
諸々の揺り戻しにもちゃんと対応していけます。

 

 

ていうか、僕は意地でもそうしますけどね笑。

 

 

PS

 

 

さて、あなたは心深くにしまい込んだ「本当の欲求」はないでしょうか?

 

 

そして、それとしっかり向き合って、今後の人生を変えようと思ってませんか?

 

もしそうなら、無料メルマガにご登録ください。

 

 

あなたの現状を変えるアイデアが満載です。
非売品の登録特典もありますよ。

 

詳細はこちらをクリック。

 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
プロフィール

苫米地式認定コーチ:三木俊彦

苫米地式認定コーチ:三木俊彦
詳しいプロフィール

カテゴリー
Twitter でフォロー
最新投稿
タグからもチェックしよう!
アーカイブ
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031